お知らせ

2021 / 03 / 11 (木)

「体制間競争の時代における日本の選択肢」2020年度の分科会開催状況(新領域セキュリティの諸課題に関する分科会)

ROLESでは、令和2年度外交・安全保障調査研究事業費補助金(総合事業)「体制間競争の時代における日本の選択肢」の枠内で4つの分科会を組織し、研究活動を実施しました。
「新領域セキュリティの諸課題に関する分科会」の開催状況は以下の通りです。

第1回(2020年8月26日)
[報告者/テーマ]
小泉悠(東京大学先端科学技術研究センター特任助教)
「技術革新と安全保障:テクノロジーの何が、どのように安全保障を変えるのか」

第2回(2020年10月14日)
[報告者/テーマ]
池田有紀美(未来工学研究所研究員)
「 量子技術と安全保障:量子技術は安全保障にどのような影響を与えるか」

第3回(2020年12月21日)
[共通テーマ]
・サイバー空間を巡る新しい安全保障
[報告者/テーマ]
・小宮山功一朗(一般社団法人JPCERTコーディネーションセンタ ー国際部部長)
「サイバー空間の安全保障とトリレンマ」
高森雅和(株式会社電通シニアソリューションディレクター(当時))
「世論形成とサイバー安全保障―SNSでの世論形成について―」

第4回(2021年1月22日)
[共通テーマ]
・人々の認知を巡る安全保障
[報告者/テーマ]
飯塚恵子(読売新聞編集委員)
「影響力作戦の考え方と現状」
桒原響子(日本国際問題研究所 研究員)
「人間の認知をめぐる国家間対立 ー曖昧化する戦闘領域と多様化する外部要因ー」

第5回(2021年2月26日)
[共通テーマ]
・新興テクノロジーと軍事安全保障の将来
[報告者/テーマ]
・村野将(ハドソン研究所研究員)
「先端技術と抑止・戦略的安定のパラダイム変化:極超音速兵器とA Iを中心に」
山口亮(釜山国立大学客員教授)
「軍事近代化と非対称戦」

第6回(2021年3月26日)
[共通テーマ]
・社会と外国の関わりを巡る安全保障
[報告者/テーマ]
中井治郎(龍谷大学社会学部非常勤講師)
「外国人嫌いの社会学」
中井遼(北九州市立大学政策科学科准教授)
「バルト諸国とロシアとの関係-介入諸事例-メディア環境ーカウンターインテリジェンス」

同じカテゴリのお知らせ

お知らせ

2024.06.14 (金)

2024年6月 メディア出演掲載情報(6月14日更新)

外交・安全保障調査研究事業費補助金「『ポスト・ウクライナ』世界を生き抜くための外交・安全保障の構想と研究能力の抜本的強化」

お知らせ

2024.06.08 (土)

服部倫卓教授がモルドバで現地調査

研究会「東欧、中・東欧、バルカン諸国の自由・民主主義の帰趨」

お知らせ

2024.06.07 (金)

【成果発表】古川勝久連携研究員が北朝鮮とロシアの密輸実態を読売新聞と共同で解明

#衛星画像分析

#北朝鮮

研究会「安全保障政策研究のための衛星画像分析」

お知らせ

2024.06.03 (月)

山口航先生・小南有紀先生が福田康夫元内閣総理大臣へのインタビューを実施

研究会「日本の価値観外交の検証と再構築」

お知らせ

2024.05.31 (金)

2024年5月 メディア出演掲載情報(5月31日更新)

外交・安全保障調査研究事業費補助金「『ポスト・ウクライナ』世界を生き抜くための外交・安全保障の構想と研究能力の抜本的強化」