田中周/Amane TANAKA

東京大学先端科学技術研究センター特任研究員(グローバルセキュリティ・宗教分野)

特任研究員
中国の現代政治 中国−中央アジア関係 ナショナリズム論
2010年から2015年まで早稲田大学現代中国研究所・研究助手、2015年から2017年まで愛知大学国際中国学研究センター・研究員などを経て、2020年より現職。

ROLESでの活動

所属プロジェクト・分科会

業績

業績

共著・編著

鈴木隆、田中周編『転換期中国の政治と社会集団』国際書院、2013年

分担執筆

「<国民国家>と<国際関係>の中の新疆ウイグル自治区」奥野良知編『地域から国民国家を問い直す』明石書店、2019年10月、205-243頁(鈴木隆との共著)

「中央アジアからみた中国と日本」鈴木隆、西野真由編『現代アジア学入門:多様性と共生のアジア理解に向けて』芦書房、2017年3月、183-199頁

論文

「アクターと構造からみる中国の民族問題:新疆を事例とする理論的考察」『国際情勢 紀要』No. 90、2020年3月、33-40頁

「ナショナリズム論からみる中国の民族問題:新疆を事例とする理論的考察」『国際情勢 紀要』No. 89、2019年3月、49-61頁

「中国の反テロ政策:新疆を事例として」『国際情勢 紀要』No. 88、2018年3月、69-80頁

刊行物・報告

ROLES REPORT No.4  田中周『新疆・ウイグル族をめぐる諸問題』

中国・権威主義体制に関する分科会2021年度第2回会合報告 田中周「新疆をめぐる反テロ政策を事例とする中国−中央アジア関係」

ROLES COMMENTARY No.6 田中周「中国の対アフガニスタン外交:5つの地域枠組み」