報告書公開

2023 / 12 / 22 (金)

『2024年版PHPグローバル・リスク分析』の取りまとめに参加

PHP総研グローバル・リスク分析プロジェクトが取りまとめた『2024年版PHPグローバル・リスク分析』が発表されました。

PHP総研のウェブサイトから全文を閲覧およびダウンロードできます。

池内恵教授が作成に参加しています。

2024年の日本にとって危惧すべきグローバル・リスクとして、下記の10点を選定しました。来年度の政治・経済活動に際して、ご参考になさってください。

1. 選挙と戦争の嵐の中を漂流する「卓越後の米国」の国際指導力
2. 権力闘争の激化が招く習近平政権の統治能力低下と対外強硬姿勢
3. 分断化と内向き姿勢が招く高コストで低成長の世界経済
4. ガザ戦争を契機として複雑化する中東に翻弄される世界
5. 世界秩序変革の一環としてウクライナ戦争を継続するロシア
6. 北朝鮮による核実験に端を発する核危機ドミノ
7. 移民急増で極右が再台頭し不安定化する欧州政治
8. エネルギーを巡る理想と「新しい現実」の乖離で高まる不確実性
9. 外交や軍事に大きな影響を及ぼす新段階のサイバー脅威
10. 自律型アンドロイド兵士の戦場出現

同じカテゴリのお知らせ

報告書公開

2024.02.23 (金)

ROLESエストニア訪問団、現地の研究機関と交流

タスクフォース「東欧、中・東欧、バルカン諸国の自由・民主主義の帰趨」

報告書公開

2024.02.09 (金)

公開シンポジウム「徳之島国際ユースキャンプ」が奄美新聞、南海日日新聞にて記事化

研究会「宗教と社会の関係の検証と再構築」

報告書公開

2023.12.27 (水)

12月27日渋谷QWS Cross Park「ウクライナ戦争におけるアートとは?文学とは?」開催

研究会「宗教と社会の関係の検証と再構築」

報告書公開

2023.12.22 (金)

『2024年版PHPグローバル・リスク分析』の取りまとめに参加

外交・安全保障調査研究事業費補助金「『ポスト・ウクライナ』世界を生き抜くための外交・安全保障の構想と研究能力の抜本的強化」

報告書公開

2023.12.21 (木)

ROLESCast第12・13回「ハマースによる越境攻撃とイスラエル情勢」「イスラエル・ハマース戦争1ヶ月」が『フォーサイト』で記事化

外交・安全保障調査研究事業費補助金「『ポスト・ウクライナ』世界を生き抜くための外交・安全保障の構想と研究能力の抜本的強化」