2022 / 07 / 29 (金)

講演

講演会「ロシア・ウクライナ戦争が変えるヨーロッパ国際秩序、日本の立場」

グローバルセキュリティ・宗教分野
東京カレッジとの共催で、講演会「ロシア・ウクライナ戦争が変えるヨーロッパ国際秩序、日本の立場」を開催します。講師のギブール・ドラモットINALCO准教授は、先端研を推薦部局として、2021年10月ー2022年9月に東京カレッジ客員准教授・先端研客員研究員を併任しています。2022年7月から8月にかけての来日の機会に、東京カレッジと共催で対面の講演会を開催します。【講演会ポスター】

東京カレッジ講演会
ロシア・ウクライナ戦争が変えるヨーロッパ国際秩序、日本の立場
講師:
Guibourg DELAMOTTE (仏国立東洋言語文化学院准教授(INALCO)・東京カレッジ客員准教授)
岩間陽子(政策研究大学院大学教授)

開催日時: 2022年7月29日(金)15:00-17:00(14:30開場)
会場:東京大学 本郷キャンパス 小柴ホール(理学部1号館2階)
言語 日本語(英語同時通訳)

要旨 
ロシア・ウクライナ戦争は、西欧の国際秩序・安全保障の構造を大きく変化させつつあります。フランスやドイツといった西欧のNATO加盟・主要国は、ロシアのウクライナ侵攻にどのように反応したのか。それはEUの外交・安全保障面での分裂を癒したのか、あるいはむしろ西欧の分裂を再確認してしまったのか。 
NATOとの安全保障協力を近年に深めつつあった日本にとっても、ウクライナ問題は大きな影響をもたらし得る事象です。日本のロシア・ウクライナ戦争への対応は、西欧ではどのように受け止められており、今後の日本と西欧との関係にどのような影響を及ぼすのか。 
これらのテーマに、東京カレッジの招聘教員として来日しているギブール・ドラモット客員准教授(フランス国立東洋言語文化学院准教授)と岩間陽子教授(政策研究大学院大学教授)をお迎えして、取り組みます。

プログラム 
14:30 開場 

15:00 -15:10 開会挨拶 
味埜俊(東京カレッジ副カレッジ長) 

15:10-15:50  講演「ロシアのウクライナ侵攻への欧州の反応」 
講師: Guibourg DELAMOTTE (仏国立東洋言語文化学院准教授・東京カレッジ客員准教授) 
ロシアのウクライナ侵攻により、再び戦争の場になったヨーロッパでの反応は、国によって様々である。それはEUの外交・安全保障面での分裂を癒したのだろうか、それとも分裂を再確認したのだろうか。かつてアフガニスタンに派兵をしたドイツ、マリでの国連平和維持活動に軍部隊を派遣したフランスは、ウクライナに対しては軍事介入を行わない姿勢を取った。その理由はどこにあるのだろうか。国際法・国際人道法に反する疑いのあるロシア軍のウクライナでの行動に対して、国際規範に重きを置いてきたEUは、どう対処するのだろうか。そして、EUとの比較、EUとの関係において、ウクライナ問題に対する日本の対処について検討する。 

15:50-16:30 講演「ロシア・ウクライナ戦争とドイツの安全保障・外国政策」  
講師:岩間陽子(政策研究大学院大学教授) 
ロシアのウクライナ侵攻が、長年対ソ・対ロの関与政策を進めてきた社民党首班政権下で起こったことは、ある意味皮肉であった。ただ、その関与政策の意味合いは、シュレーダー政権と続くメルケル政権で、かなり変容していた。今回ロシアのウクライナ侵攻により、これまでのドイツの東方政策をどう評価するのか、そして、この路線が頓挫したことにより、ドイツの安全保障・外交政策はどのような影響を受けるのだろうか。  

16:30-16:55 Q&A  
モデレーター:池内恵(東京大学先端科学技術研究センター教授) 

16:55-17:00 閉会挨拶 

講師プロフィール 
Guibourg DELAMOTTE (仏国立東洋言語文化学院准教授・東京カレッジ客員准教授)
仏・豪の二重国籍を有し、日本を中心としたアジアの安全保障・国際関係を専門とする。
岩間陽子(政策研究大学院大学教授) 
ドイツ中心に西欧の国際政治・安全保障を専門する。

主催 東京大学国際高等研究所東京カレッジ/東京大学先端科学技術研究センターのグローバルセキュリティ・宗教分野およびROLES(先端研創発戦略研究オープンラボ)
お問い合わせ tokyo.college.event@tc.u-tokyo.ac.jp

最新のイベント情報

2024.03.16 (土)

シンポジウム

2024.03.08 (金)

シンポジウム

研究報告会議「北朝鮮のグローバル展開 ーロシア・アジア・アフリカー」

2024.02.27 (火)

シンポジウム

2024.02.24 (土)

シンポジウム

ウクライナ軍事侵攻の行方―「西側の論理」から