Paper

2023 / 11 / 10 (Fri.)

ROLES REPORT No. 28 大村華子 「政府への業績評価と認知のゆがみについて考える」

政府への業績評価と認知のゆがみについて考える

 代議制民主主義の過程を扱う研究の中で、有権者の業績投票・業績評価は関心を集めてきた領域である。なかでも2010年代以降、党派性バイアス(Mian et al. 2023; Pickup&Evans 2013; Bartels 2002; 参考:Bullock and Lenz 2019)や個人志向の手がかりのバイアス(Healy et al. 2017; Huber et al. 2012; 池田 2001)といったように、業績投票における認知バイアスは研究の中心であった(Healy & Malhotra 2013; 大村 2018)。そして研究の広がりは、これらのよく話題となるバイアスにとどまらない。最近では、特定の有権者層に働く認知メカニズムにも研究が及んでいる。
この研究動向にもとづき、本稿は日本の有権者の業績投票における認知バイアスを、2つの有権者層に注目して分析する。1つ目は特定の宗教団体や宗派に信仰をもつ有権者層、もう1つは突発的な悪いできごとに遭って損害を被り、税制上の控除を受けた有権者層である。いずれも海外では研究が進みつつあるトピックである。日本の有権者を分析するとどういったことがわかってくるだろうか。

Recent Publication

論文

2024.03.04 (月)

ROLES REPORT No.30 衛星画像を用いた中国の戦略核戦力増強の現状に関する分析

#中国

#安全保障

#衛星画像分析

衛星画像分析プロジェクト

Paper

2024.02.28 (Wed.)

ROLES REPORT No.29 Ryoya ISHIMOTO"Henry Kissinger and Japan: Focusing on the Nixon-Ford Administration Years"

分科会「自由・民主主義の動揺と再編」

論文

2023.11.10 (金)

ROLES REPORT No. 28 大村華子 「政府への業績評価と認知のゆがみについて考える」

タスクフォース「自由・民主主義分析の実証的方法と応用」

論文

2023.10.24 (火)

ROLES REPORT No.27 大村華子「日本の有権者の『党派性に動機づけられた推論(partisan motivated reasoning)』を考える」

タスクフォース「自由・民主主義分析の実証的方法と応用」