村田晃嗣

同志社大学法学部教授

米国・既存秩序の動揺に関する分科会座長代理
同志社大学法学部教授
1964年神戸生まれ。1987年同志社大学法学部卒業。茶道部中退。1995年神戸大学大学院法学研究科博士課程修了。この間1991~95年米国ジョージ・ワシントン大学留学、ホワイトハウス近くに在住(ただし招待されたことはない)。1995年広島大学総合科学部専任講師(アメリカ研究)。1996年読売論壇新人賞・優秀賞受賞。1998年神戸大学博士(政治学)。1999年広島大学総合科学部助教授。アメリカ学会清水博賞・サントリー学芸賞受賞。(2000年吉田茂賞受賞)。
 
広島大学総合科学部専任講師(1995年10月−1999月)、同助教授(1999年4月 – 2000年9月)、同志社大学法学部政治学科助教授(2000年10月 – 2005年4月)、同教授(2005年4月 – 現在)、同法学部長(2011年4月 - 2013年3月)を経て、同志社大学学長(2013年4月 - 2016年3月)。近畿大学国際学部客員教授(2016年 – 現在)、熊本県立大学客員教授(2018年4月- 現在)等を併任。 

ROLESでの活動

所属プロジェクト・分科会

業績

業績

単著

『大統領とハリウッド : アメリカ政治と映画の百年』中央公論新社 、2019年

『銀幕の大統領ロナルド・レーガン : 現代大統領制と映画 』有斐閣 、2018年

学歴

1983年4月 - 1987年3月 同志社大学法学部

1987年4月 - 1995年9月 神戸大学大学院 法学研究科 博士(政治学)

1991年9月 - 1995年9月 米国ジョージワシントン大学大学院政治学部

受賞等

1996年 読売論壇新人賞優秀賞

1999年 サントリー学芸賞

1999年 アメリカ学会清水博賞

2000年 吉田茂賞

研究成果

「歴史の中のトランプ外交」米国・既存秩序の動揺に関する分科会・2020年度第3回会合「トランプ政権1期目の4年間を振り返る:政治制度・外交安全保障政策・世界秩序」(非公開)、2020年10月30日